本文へスキップ

里山シンポジウムとはprofile

 千葉県には、祖先から代々受け継がれてきた美しい里山環境があります。森林、谷津田、水辺が一体となったこの美しい景観は、農業・林業を中心とした伝統文化を伝える場であり、人々が食べ物や生活について見直す場となっています。また、子どもたちにとっては自然体験の貴重なフィールドです。そして、多様な生き物たちを育むゆりかごにもなっています。その貴重なちばの里山を守り、次世代に引き継ぐことを目的とし、平成15年5月18日、全国に先駆け「千葉県里山条例」が施行されました。

 里山シンポジウム実行委員会は、「千葉県里山条例」の普及を目的として発足しました。
有志の研究者、活動家などで構成される里山シンポジウム実行委員会は、年に一度「里山シンポジウム」全体会を開催しています。全体会のほかにも、実行委員のメンバーそれぞれが独自の活動をしており、県内各所で多岐に渡る分科会が開催されています。

 委員会発足後、10年目を迎える現在では、当初の目的であった千葉県里山条例の普及に留まらず、多様な活動によってちばの里山の保全と活用を目指しています。

組織・役員

役職 名前 所属団体
顧問 金親博榮 NPO法人 ちば里山センター
代表 並木秀幸 千葉県立東金青年の家
副代表 栗原裕治 NPO法人 千葉まちづくりサポートセンター
副代表 稗田忠弘 さんむフォレスト
会計 桑波田和子 環境パートナーシップちば事務局

里山シンポジウム実行委員会

代表:並木秀幸
〒289-1517
山武市松尾町下大蔵369

TEL 090-3795-4531
メール namiki.hideyuki@gmail.com